コンビニに保冷剤は売ってる?売ってない時の代用品や活用方法をご紹介!

その他のメモ
記事内に広告が含まれています。

急な保冷剤の必要性に直面したとき、頭に浮かぶのは24時間営業のコンビニだろうと思います。でも、実際にコンビニで保冷剤を手に入れられるのでしょうか?代わりになるアイテムはあるのでしょうか?そんな疑問にお答えします。。

コンビニでの保冷剤購入は可能なのか?急に保冷剤が必要になることがありますが、その際に思い浮かぶのは24時間営業のコンビニかもしれません。しかし、実際にコンビニで保冷剤を見つけることはできるのでしょうか?また、他にどこで購入できるのかも検討してみます。

コンビニでの購入だけでなく、保冷剤の代わりになる代用品や、保冷剤の保冷効果を長く維持する方法についてもご紹介していきます。

コンビニでの保冷剤購入は可能?

何でも揃うコンビニですが、実際に保冷剤が手に入るかというと、一般的には取り扱っていないことが多いです。店舗による差はあるものの、ほとんどのコンビニでは保冷剤の販売は行われていないため、別の購入先を探す必要があります。

コンビニで購入するのが難しい保冷剤ですが、他にも入手先は存在します。それでは、保冷剤が売っている場所をご案内しましょう。

コンビニ以外で保冷剤が買える場所は?

ドラッグストア

最初に紹介するのはドラッグストアです。夏季でなくても、ドラッグストアで保冷剤を見つけることができます。取り扱っている保冷剤の主な種類は以下の通りです。

  • 小型サイズ
  • 大型サイズ

スーパーマーケット

次に、スーパーマーケットも保冷剤を見つける場所としておすすめです。夏季には特に、キャラクターやデザイン性の高い保冷剤が豊富にあります。スーパーで見つけられる保冷剤の種類は以下です。

  • 小型サイズ
  • 大型サイズ

バラエティショップ

ドンキホーテやロフトのようなバラエティショップでも保冷剤を見つけることができます。こちらでは、特に子供用のお弁当箱に合うキャラクターものやかわいいデザインの保冷剤が充実しています。 バラエティショップで手に入る保冷剤のタイプは次のようになります。

  • 小型サイズ

ホームセンター

保冷剤を探しているなら、ホームセンターが適切な選択です。ここでは主に大型の保冷剤が揃っており、特に枕型のタイプが一般的です。 ホームセンターで見つかる保冷剤は、以下のタイプがあります。

  • 大型サイズの保冷剤

100円ショップ

コンパクトな保冷剤が必要な場合は、100円ショップがおすすめです。ここでは手のひらサイズの保冷剤が多く取り揃えられており、特に夏の時期には入り口付近に目立つように展示されています。また、キャラクターやお洒落なデザインの保冷剤も充実しています。

  • 手のひらサイズの保冷剤

スポーツショップ

アイシング用の保冷剤を探すなら、スポーツショップが良いでしょう。こちらでは、特に体の特定部位にフィットするサイズや形状の保冷剤を見つけることができます。足や腕のアイシングに適したタイプを含む、様々な種類が揃っています。

  • 手のひらサイズタイプ
  • 大型タイプ
  • アイシング用タイプ

保冷剤の代わりになる代用品は?

凍らせたペットボトル飲料

保冷剤が冷えておらず、すぐには使えない状態で販売されていたり、近くに購入場所がない場合もあります。

そんな時、凍らせたペットボトル飲料を代用品として使用するのが便利です。釣りに行く際などにクーラーボックスの保冷剤として使用されることがよくありますし、溶けた後は飲料としても利用できるため、一石二鳥です。

急に保冷剤が必要になったときや、近くの店が閉まっていても、コンビニでは凍らせた状態で売っているペットボトル飲料も最近では珍しくないですね。ただし、家でペットボトル飲料を凍らせる際は、破裂を避けるために未開封のものを使わず、凍らせる前に蓋を開けることが重要です。

氷を使う

保冷剤の代わりの氷は、コンビニでも簡単に手に入る手軽な方法です。氷を使う際は、溶けるときの水漏れに注意し、ビニール袋などに入れることが重要です。氷はほとんどの場所で購入でき、スーパーマーケットでは生鮮食品など冷蔵が必要な商品を買った際に無料で提供されることもあります。

ただし、このように提供される氷は清潔でない可能性があるため、飲用や食用には適さない点に注意が必要です。

保冷剤の保冷効果を最大限に引き延ばす方法は?

保冷剤の使用量を増やす

保冷剤を使う際の大きな関心事は、どの程度長く冷たさを維持できるかです。そこで、効果を最大限に引き延ばす最初の方法は、単純に保冷剤の量を増やすことです。たしかに、1個より2個の方が、より長時間冷たさを保持できます。可能であれば、多くの保冷剤を使用して、冷却効果を高めることがお勧めです。

使用する容器をあらかじめ冷やす

次に紹介する保冷効果を長持ちさせる方法は、使用する容器を予め冷やしておくことです。保冷剤自体は冷たさを維持するだけで、新たに冷却する能力はありません。つまり、元々冷えた状態の容器を使えば、温まるまでの時間が長くなり、結果として冷却効果が持続します。

専用の保冷バッグを使用する

保冷期間を延長する一つの方法は、専用の保冷バッグの使用です。この場合の保冷容器とは、保冷バッグのように特定の機能を備えたものを意味します。このような容器に保冷剤を入れることで、冷気が外に漏れにくくなり、保冷効果が強化されます。保冷剤との組み合わせにより、さらに効果が増すことが期待できます。

暑い環境を避ける

もう一つの保冷期間を伸ばす方法は、直射日光や温かい場所を避けることです。保冷剤は冷たさを保つ役割がありますが、外部の温度に大きく影響されます。したがって、長時間保冷したい場合は、可能な限り涼しい場所に置くのが最適です。

熱中症対策としての保冷剤の使い方のアイデア

近年の夏の暑さは異常だと感じるほどの酷暑となる日もありますよね?熱中症対策として、保冷剤を上手に活用することが重要になっています。以下は、熱中症対策としての保冷剤の使い方です。

  1. 首や脇の下に置く:保冷剤をタオルで包み、首や脇の下に当てると、体温を下げる効果があります。特に暑い日や屋外での活動中には有効です。
  2. 冷たい飲み物のクーラー:保冷剤を使用して、クーラーボックスや保冷バッグの中に冷たい飲み物を入れると、外出先でも簡単に冷たい飲み物を楽しむことができます。
  3. 枕元に置く:寝る前に保冷剤を枕元に置いておくと、熱中症のリスクが高い夜でも快適な睡眠を得ることができます。特に高温多湿の夜には効果的です。
  4. 冷却タオルの補助:保冷剤を使用して冷却タオルを作成し、首や顔に当てることで、体温を下げて熱中症のリスクを軽減することができます。
  5. 体の下に敷く:ベッドや椅子の下に保冷剤を敷くことで、体全体に冷気を行き渡らせることができます。長時間座っている場合や、寝転んでいるときに有効です。

これらの方法を上手に活用することで、熱中症のリスクを軽減し、暑い季節を少しでも快適に過ごすことができます。

保冷剤のその他の活用方法

保冷剤は気が付いたら家の冷凍庫にたくさん貯まってしまうこともありませんか?保冷剤のその他の活用方法もご紹介しておきます。

冷やしタオルの製作

保冷剤を凍らせたものを使用して、冷やしタオルを作成することができます。この冷やしタオルを首や顔に当てることで、体温を下げる効果があります。

冷えピタの補助

保冷剤を冷えピタなどの冷却シートの裏側に貼り付けることで、長時間の使用でも冷たさを保つことができます。外出先やスポーツ時などに活用しましょう。

外出時に保冷バッグに入れる

保冷バッグの中に保冷剤を追加して入れておけば、保冷効果をさらに高めることができます。特に長時間の外出やピクニック、アウトドアイベントで役立ちます。

冷やしマスクの製作

保冷剤を使って自作の冷やしマスクを作成することができます。保冷剤を袋に入れて凍らせ、目の周りや顔に当てることで、目の疲れや腫れを和らげることができます。

車内の冷却

保冷剤を車のエアコンの風向きに合わせて置くことで、車内の温度を下げる効果があります。長時間のドライブや車中泊の際に便利です。

これらの活用方法を試してみて、熱中症や暑さ対策に役立ててくださいね。

まとめ

熱中症予防や暑さ対策に欠かせない保冷剤の活用方法をご紹介しました。保冷剤は、コンビニやドラッグストア、スーパーマーケットなどで手軽に入手でき、さまざまな場面で役立ちます。

保冷剤を首や脇の下に置く、冷たい飲み物のクーラーとして活用するなど、熱中症予防に効果的な使い方があります。また、冷却タオルや冷えピタ、自作の冷やしマスクなど、保冷剤を活用した快適な暑さ対策も可能です。

さらに、車内の冷却や保冷バッグの改良など、様々なシーンでの活用法もあります。これらのアイデアを活用して、快適な夏を過ごしましょう。暑さに負けず、安全で快適な季節を楽しむために、保冷剤を上手に活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました