マンションで洗濯機の音は聞こえる?気になる時の対策と解決法5選!

その他のメモ
記事内に広告が含まれています。

マンションで生活していると、洗濯機の音が気になることってありますよね。

特に夜に洗濯をしたいとき、下の階の住民に迷惑をかけてしまうかもと心配になることも多いでしょう。私も以前、夜中に洗濯機を回したら、翌朝隣の住人から「うるさかった」と言われた経験があります。それ以来、洗濯機の音対策には気を付けるようになりました。

逆に近隣の住民の洗濯機の音が良く聞こえて気になってしまうこともありませんか?

そこで今回は、洗濯機の騒音問題を解決するための対策と、簡単に実践できる対策方法を5つご紹介します。防振マットの活用から洗濯機の設置場所の工夫まで、実際に効果のあった方法を詳しく解説します。これで、夜でも安心して洗濯ができるようになりますよ。

構造別!マンションで洗濯機の音はどれくらい聞こえ?

マンションに住んでいると、洗濯機の音がどれくらい響くのか気になることがありますよね。この音の伝わりやすさは、マンションの建材や構造によって大きく変わります。ここでは、一般的なマンションの建築構造3タイプについて、それぞれの遮音性を比較しながら説明します。

鉄筋コンクリート構造のマンション

鉄筋コンクリート構造のマンションは、鉄の骨組みとコンクリートを組み合わせたもので、壁の厚さは約150~200mmです。この構造は遮音性が高く、一般的に音が聞こえにくいとされています。

例えば、70デシベル(dB)の洗濯機の音がこの壁を通過すると、40dB以下に低減されることがあります。これは図書館のような静かさに近く、ほとんど音が聞こえないレベルです。私もこのタイプのマンションに住んでいますが、洗濯機の音が気になったことはほとんどありません。

鉄骨構造のマンション

鉄骨構造のマンションには、軽量鉄骨構造と重量鉄骨構造の2つのタイプがあります。

  • 軽量鉄骨構造:鉄の柱に石膏ボードを貼り付けたもので、壁の厚さは約100~125mmです。
  • 重量鉄骨構造:軽量鉄骨と基本的な構造は同じですが、ボードが2層になっていることが多く、壁の厚さは約125~150mmです。

鉄骨と聞くと遮音性が高そうに思えますが、軽量鉄骨構造の場合、実は木造よりも壁が薄いため、音が伝わりやすいのです。一度、友人の軽量鉄骨構造のマンションで洗濯機を使った際、思ったよりも音が響いてびっくりしました。

木造のマンション

木造のマンションは、木の柱に石膏ボードを取り付けた構造で、壁の厚さは約130~150mmです。このタイプは遮音性にまだ改善の余地があります。

木造でも壁が比較的厚ければ音があまり聞こえないかもしれませんが、音が伝わる可能性が高いです。私の実家が木造のマンションでしたが、夜に洗濯機を回すと、家族全員が音に気づくことが多かったです。

これらの違いを理解しておくと、洗濯機の音が気になる場合にどのような対策が必要かが見えてきます。次に、具体的な対策についてご紹介します。

マンションで洗濯機の音がうるさい時の対策

マンションに住んでいると、特に上階からの洗濯機の騒音って気になることがあります。夜に洗濯機を使われると、その音が響いて睡眠に影響を及ぼすことも少なくありません。ここでは、まずは上階からの洗濯機の騒音に対する効果的な対策をご紹介します。

管理人への相談

まず、上階の洗濯機の音が気になる場合は、管理人に相談するのが良いでしょう。管理人を通じて、夜間の洗濯機の使用を控えるようお願いしたり、防振マットの使用を提案してもらうことができます。

直接、上階の住人にクレームを入れるのは避けた方が賢明です。トラブルを未然に防ぐためにも、まずは管理人に相談するのが一番です。

私も以前、上階の住人の洗濯機の音が気になって管理人に相談したことがあります。管理人さんがすぐに対応してくれて、住んでいる方に防振マットを使うようにお願いしてくれた結果、音がかなり軽減されました。

ノイズキャンセリング機能付きイヤホンを活用する

上階の騒音がどうしても気になる場合、自分自身でできる対策として、ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンやヘッドフォンを使うのも有効です。特に、低周波の音に対して効果的で、洗濯機の音をかなり抑えることができます。

私も、夜中にどうしても洗濯機の音が気になる時には、ノイズキャンセリングイヤホンを使っています。静かな環境で眠れるようになり、快適に過ごせるようになりました。

防音カーテンやカーペットを導入する

さらに、部屋全体の防音対策として、防音カーテンや防音カーペットを導入するのも良い方法です。これらのアイテムは、外部からの音を遮断するだけでなく、室内の音も吸収してくれるため、逆に自分自身が音を立ててしまう事へストレスも減り、全体的な騒音対策に役立ちます。

洗濯機の使用時間を見直す

それと自分自身の洗濯機の使用時間を見直すのも一つの方法です。夜間に洗濯機を使うのは避け、日中に洗濯するようにすることで、周囲への騒音トラブルを未然に防ぐことができます。

私も家族の生活リズムを考えて、洗濯はできるだけ日中に行うようにしています。そのおかげで、近隣の方からのクレームも少なく、良好な関係を保てています。

マンションで洗濯機の音を抑えるための対処法

マンションにお住まいの方なら、洗濯機の音が周りにどのぐらい聞こえているのか?迷惑をかけてないかな?と、気になることは少なくないですよね。特に翌日までに準備しなければならない子供洗濯物があったりして、夜間に使用しなければならい状況では、下の階や隣の部屋に迷惑をかけないか心配になることもあります。

ここでは、洗濯機の騒音を効果的に抑えるための簡単で実践しやすい方法をご紹介します。

防振マットを使用する

自宅でできる対策として最も手軽で効果的な方法は、防振マットを使用することです。防振マットは100円ショップやホームセンターでも手軽に購入できます。これを洗濯機の下に敷くだけで、振動を吸収し、階下への音の伝達を大幅に減らすことができます。

さらに、床への傷防止にもなるので一石二鳥です。

もしもっと徹底的な防振を目指すなら、リフォーム業者に相談するのも一つの選択肢ですが、ただし、まずは手軽にできる防振マットから始めてみるのがおすすめです。

タイマー機能を活用する

夜に洗濯をする必要がある場合、洗濯機のタイマー機能を活用するのが賢明です。深夜ではなく、朝方に洗濯が完了するように設定することで、騒音によるトラブルを避けられますし、寝ている間に選択できるので家事の時短にも繋がります。

最近の洗濯機にはスマートフォンで遠隔操作ができるモデルも多く、スマートスイッチを使って自動で洗濯機を起動させることも可能です。

これにより、洗濯機を夜中に使用する必要がなくなり、安心して眠ることができるでしょう。

洗濯機の買い替えを検討する

現在使用している洗濯機が古くなっている場合、新しいモデルへの買い替えも一つの手です。

今どきの洗濯機は高価なものでなくても静音設計が進化しており、新しいモデルに買い替えることで騒音問題を大幅に軽減することができます。私も以前、古い洗濯機から最新モデルに買い替えましたが、驚くほど静かになり、それほど音を気にせずに使用できるようになりました。

以上のような対策を実践することで、マンションでの洗濯機の騒音問題を解決しましょう。防振マットの使用、タイマー機能の活用、そして洗濯機の買い替えを検討することで、快適な洗濯環境を実現できます。

まとめ

マンションでの洗濯機の騒音問題は、多くの人が悩むことの一つですが、適切な対策を取ることで解決できます。

まず、鉄筋コンクリート、鉄骨、木造の各構造の遮音性を理解し、自分の住むマンションの特性に応じた対策を考えましょう。具体的には、防振マットの使用が最も手軽で効果的です。これにより、振動を吸収し、音の伝達を大幅に減らせます。

また、洗濯機のタイマー機能を活用して、夜間の使用を避けることも重要です。さらに、古い洗濯機を静音設計の新しいモデルに買い替えることで、騒音問題を根本的に解決することができます。

これらの対策を実践することで、洗濯機の音に悩まされることなく、快適なマンションライフを送ることができます。私自身もこれらの方法を試してからは、安心して洗濯機を使用できるようになりました。

ぜひ、皆さんもこれらの方法を試して、静かで快適な生活を手に入れてください。マンションでの生活をより楽しく、ストレスフリーにするための第一歩として、今日からできる対策を始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました