新幹線からの東京ドームへのアクセスガイド!乗り換え方法と最適な行き方は?

豆知識
記事内に広告が含まれています。

東京ドームは野球観戦だけでなく、ライブやイベントも多く開催されており、全国から多くの人が訪れます。

地方から新幹線で東京へ移動する際、まず悩むのが東京ドームまでのアクセス方法です。

東京ドームの最寄り駅は東京メトロの後楽園駅とJR総武線の水道橋駅の2つ。どちらを選ぶのがベストなのでしょうか?

そこで今回は、新幹線を降りてから東京ドームまでのアクセス方法を詳しくご紹介します。

東京ドームの最寄り駅について

地方から東京に来ると、電車の種類の多さや乗り換えの複雑さに戸惑うことが多いですよね。JR、東京メトロ、都営地下鉄、私鉄などが入り乱れているため、初めて訪れる方には迷いやすいのも当然です。そこで、迷わずに東京ドームへスマートに行ける方法を詳しくご案内します。

東京ドームの場所

まずは、東京ドームの位置を確認しましょう。東京ドームは文京区後楽にあり、山手線の内側の中央付近、皇居の北側に位置しています。

住所:東京都文京区後楽1丁目3−61

2つの最寄り駅

東京駅から電車で東京ドームに向かう場合、最寄り駅は2つあります。

  1. 東京メトロ丸ノ内線 後楽園駅
  2. JR総武線 水道橋駅(JR中央線から乗り換え)

乗り換え案内で所要時間や料金はわかりますが、東京駅での乗り換えがポイントです。東京駅はとても広く、迷うと時間がかかるだけでなく、歩き疲れてしまうことも。特に大きな荷物を持っている場合、事前にしっかり準備しておくことが重要です。

新幹線ホームからの乗り換えについて

まず、新幹線のホームと乗り換え先の電車のホームの位置関係を確認しておきましょう。

  • 新幹線のホーム:八重洲側
  • 東京メトロ丸ノ内線・JR中央線:丸の内側

つまり、新幹線からの乗り換えは丸の内方面へ移動する必要があります。

後楽園駅へ行く方法

新幹線のホーム(地上2階)から階段を降りて1階に向かいます。JRのりかえ口(中央のりかえ口)を目指し、八重洲中央口改札を通らずに、右手の丸の内中央口を目指します。

  1. 丸の内中央口改札に到着したら、右側の通路からエスカレーターで地下1階にある丸の内地下中央口へ。
  2. 丸の内地下中央口改札を出て、そのまま直進すると東京メトロ丸ノ内線の改札口があります。

水道橋駅へ行く方法

水道橋駅へ行く場合は、途中で乗り換えが必要です。大まかな流れは以下の通りです。

  1. 東京駅からJR中央線に乗車。
  2. 御茶ノ水駅でJR総武線に乗り換え、1駅目の水道橋駅へ。

注意点として、総武線には快速と各駅の2種類がありますが、東京駅から乗れるのは快速のみです。水道橋駅に行くには各駅停車に乗る必要があるため、東京駅からは中央線に乗り、御茶ノ水駅で総武線各駅停車に乗り換えます。

新幹線ホームから中央線ホームへの行き方

新幹線のホームから1階の中央通路を通り、八重洲中央口から丸の内中央口を目指します。丸の内中央口改札手前の1番2番ホームがJR中央線になります。

東京ドームへのアクセス方法はこれでバッチリです!ぜひ参考にして、快適な東京ドーム訪問を楽しんでくださいね。

東京ドームへ行くなら後楽園と水道橋どっちがいい?

東京ドームへのアクセスで、後楽園駅と水道橋駅のどちらが良いか迷うことがありますよね。実際には、どちらも所要時間に大きな差はありません。違いは乗り換えの有無と、東京駅内の移動距離にあります。

乗り換えなしの方が良い場合

新幹線ホームから東京駅の地下にある丸ノ内線ホームまで歩くだけで済む後楽園駅行きがおすすめです。

少しでも歩く距離が短い方が良い場合

この場合、JR中央線に乗り御茶ノ水駅で総武線に乗り換えて水道橋駅に行くルートが良いでしょう。御茶ノ水駅での乗り換えは、中央線と総武線が同じホームに停車するので、向かい側のホームに乗り換えるだけでスムーズです。

他の行き方

実は他にも行き方があります。東京駅から直接乗り換えるのではなく、丸の内地下北口改札を出て大手町駅まで歩き、都営地下鉄三田線に乗って2駅先の水道橋駅で降りる方法です。

ただし、東京駅から大手町駅まで歩くのは初めての人には少し難しいかもしれません。大手町駅では、東京メトロ丸ノ内線、半蔵門線、千代田線、東西線と都営地下鉄三田線の乗り換えがあり、地下通路も複雑です。東京駅から約300mの距離にあり、階段の上り下りも多いため、大きな荷物を持って急いでいる場合にはおすすめできません。

結局はどちらのルートがいい?

まとめると、JR中央線から御茶ノ水で乗り換えるか、地下鉄丸ノ内線を利用するのが一番スムーズでしょう。どちらの方法も一長一短がありますが、荷物の量や体力に合わせて最適なルートを選んでくださいね。

東京ドーム周辺のおすすめスポット

東京ドーム周辺には、子供も大人も楽しめるスポットがたくさんあります。東京ドームに行くついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

東京ドームシティ

東京ドームシティには、アトラクションやレストラン、ショップなどが揃っています。特に小学生の子供たちには、アトラクションエリア「スプラッシュガーデン」や「キッズランド」が大人気です。

東京ドーム天然温泉 スパ ラクーア

イベントや観戦で疲れた体を癒すには、東京ドームシティ内にある「スパ ラクーア」がおすすめ。天然温泉やサウナでリラックスできます。

文京シビックセンター展望ラウンジ

後楽園駅からすぐの場所にある文京シビックセンターの展望ラウンジからは、東京の街並みを一望できます。無料で入場できるので、家族での観光にもぴったりです。

東京ドームでの便利なサービス

東京ドームでは、さまざまなサービスが提供されています。これらのサービスを活用して、より快適に過ごしましょう。

荷物預かりサービス

大きな荷物を持っている場合は、東京ドームのコインロッカーや荷物預かりサービスを利用すると便利です。イベント前後の移動も楽になります。

キッズサービス

小さな子供連れの場合、ベビーカーの貸し出しや授乳室、おむつ替えスペースなどが完備されているので安心です。

駐車場情報

もし車で来る場合、東京ドームシティ内には駐車場があります。混雑が予想されるので、事前に駐車場の場所や料金を確認しておくとスムーズです。

東京ドームへのアクセス方法から周辺の楽しみ方まで、詳しくご紹介しました。初めて訪れる方でも、この記事を参考にすれば迷わず楽しめること間違いなしです。

まとめ

東京ドームへのアクセス方法は、新幹線から東京メトロ丸ノ内線の後楽園駅か、JR総武線の水道橋駅を利用するのが便利です。どちらも所要時間に大きな差はありませんが、乗り換えの有無や東京駅内の移動距離を考慮して選ぶのがポイントです。少しでも歩く距離を短くしたいなら、水道橋駅ルートがおすすめです。

東京ドーム周辺には、東京ドームシティやスパ ラクーア、文京シビックセンター展望ラウンジなど、家族で楽しめるスポットが充実しています。また、荷物預かりサービスやキッズサービスも充実しているので、快適に過ごせるでしょう。

初めて東京ドームを訪れる方でも、このガイドを参考にすれば迷うことなく快適にアクセスできます。ぜひ、家族みんなで楽しい時間を過ごしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました