スマホでOK!方位磁石なしで自宅や外出先で方角を調べる裏ワザ

豆知識
記事内に広告が含まれています。

家の中や外出先で、突然「この方角が知りたいな」と思ったことありませんか?でも、方位磁石はどこにも見当たらない…。

最近、風水の本にハマっている私もそんな経験があります。本には「ここにこれを置くと南になりますよ」とか書いてあるんですけど、「えっ、北ってどっちだっけ?」ってなって、よくわからないんですよね。

そこで、方位磁石がなくても簡単に方角を知る方法をいくつか調べてみました。

あなたも東西南北の方角を知りたいとき、これを試してみてくださいね!

方位磁石なしで簡単に方角を調べる方法

さあ、方位磁石がなくても簡単に方角を調べる方法をいくつかご紹介します!自宅でも外出先でも使える方法ばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

スマホのアプリを使う

一番手軽なのは、スマホにコンパス(方位磁石)アプリを入れることです。これなら、すぐに方角を調べることができますよ。私のiPhoneには最初からコンパスアプリが入っていたので、これを利用しています。

家の中だけでなく、外出先でも方角を調べるのにとても便利です。ただし、注意が必要です。磁石の影響で方角が狂って表示されることがあるんです。実際に私も、手帳型のスマホカバーに磁石が入っていたせいで、方角がほとんど真逆に表示されていたことがあります(カバーを外したら正常になりました)。

なので、スマホを使う際は、かばんの留め金や磁石のあるアイテムから離れた場所で使うのがポイントです。

地図アプリを活用する

コンパスアプリを入れるのが面倒な場合は、グーグルマップやヤフーマップなどの地図アプリでも方角を調べることができます。多くの人がすでに使っているアプリですよね。

これらの地図アプリでは、現在地を取得して地図が表示されるので、上が北を向いた状態のマップが表示されます。現在地のアイコンの向きが北になるように体の向きを調整すれば、簡単に方角がわかります。GPSを利用しているので、磁石の影響を受けず、正確な方角がわかりますよ。

BSアンテナの向きは南西

もしも、自宅にBSアンテナが設置されている場合は、そのアンテナの向きを見てみましょう。BSアンテナは通常、南西の方角を向いて設置されています。

衛星放送は主に南西の空から送信されていますので、アンテナを南西に向けることで、より良い電波受信が可能になります。

あなたの家や近所のBSアンテナの向きをチェックすることで、簡単に方角を知ることができますよ。

アナログ時計の針で方角を調べる

さて、知っている人もいるかもしれませんが、私はこの方法を初めて知りました。実は、警視庁のサイトに書かれていた情報です。

アナログ時計の短針を太陽の方向に向けることで、方角を知ることができるんです。驚きですよね!

では、その手順を詳しく説明します。

  1. 短針を太陽に向ける
    まず、アナログ時計の短針(時針)を太陽の方向に向けます。この時点で、時計全体を回転させて、短針が太陽を指すようにしましょう。
  2. 短針と12時の間を半分に割る
    次に、時計の12時の位置と短針の位置の間を半分に割ります。この半分に割った線が、南の方向を指します。

たとえば、朝の10時の場合、短針を太陽に向けた状態で、10時と12時の間を半分に割ると11時の位置になります。この11時の方向が南を指すことになります。

逆に、午後の場合は少し計算が変わります。例えば、午後4時の場合、短針を太陽に向けた状態で、4時と12時の間を半分に割ると、2時の位置が南を指すことになります。

この方法を使うと、手軽に方角を知ることができますよ。ただし、曇りの日や夜間には使えないので、他の方法と組み合わせて使うのが良いでしょう。

北極星のある方が北(夜の場合)

夜空で方角を知りたい場合、北極星を見つければ北の方角がわかります。

ただ、北極星は空にポツンとひとつだけ輝いているので、見つけるのが少し難しいかもしれませんね。そこで、まずは北斗七星を探してみましょう。北斗七星は、ひしゃくの形をした星の集まりで、漫画『北斗の拳』にも登場するので、知っている方も多いはずです。

北斗七星を見つけたら、そのひしゃくの先端部分の2つの星を結んで、まっすぐ伸ばしてみてください。その延長線上に見える明るい星が北極星です。北極星の方向が北になりますので、それを目印に他の方角も確認できますよ。

これらの方法を覚えておくと、夜のアウトドアでも役立つので便利です。星空を見上げながら、方角を知る楽しみも味わってみてくださいね!

まとめ

方位磁石がなくても、日常生活で簡単に方角を知る方法がいくつかあります。スマホのコンパスアプリや地図アプリを利用すれば、手軽に正確な方角を確認できます。また、自宅にBSアンテナがあれば、その向きが南西であることを活用することもできます。

さらに、アナログ時計を使った方法も便利です。短針を太陽に向けて、短針と12時の位置の中間が南を指すという手法は、覚えておくといざという時に役立ちます。そして、夜の場合は北極星を見つけることで、北の方角を知ることができます。北斗七星を目印に北極星を探す方法も、ぜひ試してみてください。

これらの方法を組み合わせて使うことで、いつでもどこでも方角を把握することが可能です。アウトドアや防災の際にも役立つ知識なので、ぜひ活用してくださいね。子育て中のママでも簡単に実践できるので、家族で楽しみながら方角を学ぶのもいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました