どうしてきゅうりとなす?お盆の飾りの作り方と意味について知ろう!

その他のメモ
記事内に広告が含まれています。

夏のお盆に祖父母の家や親戚の家に遊びに行くと、仏壇にはお盆の飾りが飾られていますよね。その中には、きゅうりやなすを使って作られた動物の形をした飾りも見られることがあります。それ、ちょっと面白いですよね。

では、このお盆の飾りには具体的にどんな意味が込められているのでしょうか?実はこれにはご先祖様を偲ぶ気持ちが込められているんですよ。

さっそく、その意味や作り方について詳しく見ていきましょう!

お盆の飾りのきゅうりとなすの意味とは?

お盆によく見られる、きゅうりとなすで作られた飾りは「精霊馬(しょうりょううま)」と呼ばれています。きゅうりは足の速い馬を、なすは足の遅い牛を表しています。

お盆は、先祖の霊を供養する大切な行事です。毎年8月15日頃、この期間中にはご先祖様がこの世に戻ってこられるとされています。

この「精霊馬(しょうりょううま)」は、ご先祖様があの世とこの世を行き来する際に乗る乗り物とされています。

ではなぜ、「きゅうりの馬」と「なすの牛」が使用されるのでしょうか?

実は、きゅうりの馬はご先祖様がこの世に訪れるときに使用され、足の速い馬で早く会いに来てくれることを願っています。一方、なすの牛はご先祖様がこの世を去るときに使用され、ゆっくりと時間をかけて帰っていただけるように、そしてたくさんのお土産を持って帰っていただけるように願っています。

この飾りには、ご先祖様ができるだけ長くこの世に留まってくれることを願う気持ちが込められています。ご先祖様を敬う心は、本当に素晴らしいですね。

精霊馬(しょうりょううま)の作り方

精霊馬の作り方はとても簡単です。用意するものは以下です。

  • きゅうり
  • なす
  • 割り箸(楊枝)
  • お盆

まず、きゅうりとなすを用意し、割り箸や楊枝を使ってそれぞれに4本の足をつけます。これだけで基本的な形が完成します。

特に決まった作り方はありませんが、頭になる部分を少し上向きにすると、馬が前に進むような印象を与えます。これはご先祖様が乗りやすい形になるかもしれませんね。

この簡単な作り方で、お盆の飾りに精霊馬を飾ることができます。家族みんなで作って楽しむことができるので、ぜひ試してみてください。

お盆の飾りで使った精霊馬の処分の仕方

お盆が終わったら、精霊馬に使ったなすの牛ときゅうりの馬はどうしたらいいのでしょうか?

お盆の最終日には、送り火を焚いてご先祖様をお送りしますが、その後のお盆のお花や飾りなどは、まとめて菩提寺に持って行き、お焚き上げしていただくのが一般的です。

環境への配慮から、お焚き上げを行わないお寺の場合でも、多くの場合は適切に供養して処分してもらえます。ご自宅のお寺に確認してみるのが良いでしょう。(菩提寺が遠い場合は、近隣のお寺でも対応してくれることがあります。)

もし周囲に処分してくれるお寺が見当たらない場合は、以下のようにすると良いでしょう。きゅうりとなすを塩で清め、白紙に包んでから丁寧に捨てます。これによって、お盆の期間を過ごした飾りも、適切に処分することができます。

その他のお盆の飾り

お盆の飾りのきゅうりとなすの意味と作り方について詳しく見てきましたが、実際に家族で飾りを作る際には、どんな風に楽しむことができるのでしょうか?

きゅうりとなすを使った精霊馬(しょうりょううま)の他にも、伝統的なお盆の飾りにはさまざまな種類があります。例えば、野菜や果物を使った動物の形をしたものや、色鮮やかな紙で作った飾りなど、地域や家庭によって様々です。

家族みんなで集まって飾りを作ることで、お盆の意味や伝統に触れながら、楽しい時間を過ごすことができます。特に子供たちは創意工夫を凝らしたり、自分のアイデアを形にすることで創造力を育むことができますね。

以下に具体的な例をいくつか挙げます。

  1. 花火飾り: 紙や竹を使って花火を形どった飾り。お盆の時期に行われる盆踊りや花火大会を彷彿とさせる飾りです。
  2. 灯篭: 紙や竹を組み合わせて作る灯篭。ご先祖様の霊を迎えるために、灯篭に灯をともし、灯火を通して迎え入れます。
  3. 風鈴: 夏の風物詩である風鈴を飾ったり、竹や木で作った風鈴飾りを仏壇や玄関先に飾る習慣があります。風鈴の音がご先祖様を呼び寄せると信じられています。
  4. 線香花: 線香を束ねて花の形に作ったもの。線香の香りが祖先を迎えるために香り高いものとされています。

これらの飾りは地域や家庭によって異なることがありますが、どれも家族の絆を深め、ご先祖様を敬う意味を持った伝統的なお盆の飾りとして大切にされています。

また、お盆が終わった後の飾りの処分も重要です。お焚き上げをする場合は菩提寺に持って行くのが一般的ですが、そうでない場合は清めて丁寧に処分することで、敬意を持ってお祖先を送り出すことができます。

家族みんなで参加し、お盆の行事を通じて絆を深めることができる、この素晴らしい伝統を楽しみましょう。

まとめ

お盆の飾りに使われるきゅうりとなすは、それぞれ「精霊馬(しょうりょううま)」としてご先祖様を迎えるための象徴です。きゅうりは足の速い馬、なすは足の遅い牛を表し、ご先祖様がこの世とあの世を行き来する際の乗り物とされています。

お盆が終わったら、きゅうりとなすの処分についても配慮が必要です。一般的には菩提寺でお焚き上げしてもらうのが望ましいですが、お焚き上げができない場合は、塩で清めてから丁寧に処分することが推奨されています。

このお盆の飾りは、家族みんなで楽しみながら作ることができ、ご先祖様への愛情と敬意を表す重要な行事の一部です。きゅうりとなすを使って飾りを作ることで、家族の絆が深まることでしょう。

お盆の期間中は、お盆の飾りを通じて、ご先祖様とのつながりを感じながら、大切な思い出を作っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました