盆踊りでお盆に輪になって踊る意味は?起源・由来も詳しく解説

豆知識
記事内に広告が含まれています。

お盆休みには、実家に帰ったり、祖父母の家を訪ねたりしますよね。夜になると、町内の空き地で盆踊りが行われていることがあります。遠くから盆踊りの音が聞こえてくると、心が踊り出すようなワクワク感を覚えます。

大人も子どもも、みんなで櫓(やぐら)の周りを回りながら踊る盆踊りは、日本の夏の風物詩で、風情があって楽しいですよね。

ところで、この「盆踊り」にはどんな意味があるのでしょうか?ただ楽しく踊るだけでなく、お盆にまつわる特別な背景があるのか気になりますね。さあ、一緒にその意味を探ってみましょう!

お盆に盆踊りをする意味

今、私たちが思い浮かべる盆踊りは、楽しい夏祭りの一環ですよね。浴衣を着て、町内の空き地や公園で行われる盆踊りに参加し、夜店で綿菓子やかき氷を楽しむ。そして、金魚すくいや射的などで遊ぶのが夏の風物詩となっています。しかし、この「盆踊り」には実は深い意味が隠されています。

お盆は仏教行事で、ご先祖様があの世からこの世に戻ってくるとされる時期です。この期間中、私たちは先祖を迎え、感謝の気持ちを伝えるために様々な供養を行います。その中でも盆踊りは特に重要な行事の一つです。

盆踊りの起源は、平安時代にさかのぼります。あるお坊さんが、夢の中でご先祖様の霊が踊り楽しんでいる姿を見たことから、盆踊りが始まったとされています。以来、盆踊りはご先祖様の霊を慰め、供養するための踊りとして広まりました。

盆踊りの舞台となる櫓(やぐら)の周りを回ることで、参加者はご先祖様と一体となり、共に踊り、楽しむことができるとされています。この踊りの中には、先祖への感謝や敬意、そして再会の喜びが込められています。

現代では、盆踊りは地域のコミュニティを強める役割も果たしています。子どもから大人までが一緒になって踊り、楽しい時間を過ごすことで、地域の絆が深まります。伝統的な意味を知りつつ、楽しい夏のイベントとして楽しむことが、盆踊りの魅力と言えるでしょう。

子どもたちと一緒に参加することで、次世代にもこの大切な文化を伝えることができます。私も子どもたちと一緒に踊りながら、その意味を話し合ったりしています。

盆踊りはいつ踊る?

最近では、お盆の時期以外でも盆踊りが催されますね。でも、本来の盆踊りはお盆期間中、ご先祖様の霊を慰めるための仏教行事でした。具体的には、旧暦の7月13日から16日の間、特に15日の夜に踊られていました。16日にはご先祖様があの世に帰るとされていたため、15日の夜に盆踊りを行い、精一杯の供養をしていたのです。

踊り念仏とは?

盆踊りの起源や由来には諸説ありますが、主な説として「踊り念仏」が挙げられます。踊り念仏とは、念仏を唱えながら踊ることを指し、平安時代の僧侶である空也(くうや)が考案したと言われています。この踊り念仏は、念仏の教えを広く民衆に伝えるための方法でした。輪になって踊りながら念仏を唱えることで、楽しく教えを覚えやすくしたのです。

その後、鎌倉時代には時宗の僧侶、一遍上人(いっぺんしょうにん)が踊り念仏の普及に努めました。彼の活動によって踊り念仏はさらに広まりました。

盆踊りの変遷

やがて、この「踊り念仏」が、お盆の行事と結びつき、「盆踊り」となります。お盆にみんなで輪になって盆踊りを踊り、その中心にご先祖様の霊が来るとされ、しっかりと供養を行いました。この風習は次第に一般に広まり、民衆の娯楽としての意味合いも強くなっていきました。

現在では、盆踊りは楽しい夏の行事として地域のコミュニティを強化する役割も果たしています。私も子どもたちと一緒に盆踊りに参加し、その意味を話しながら楽しい時間を過ごしています。こうして伝統を楽しみながら、次世代にも伝えていきたいですね。

人気のある盆踊りの振り付け

今ではすっかり夏の楽しい行事となっている盆踊り。この夏、盆踊りに行ってしっかり踊れるように、人気のあるメジャーな盆踊りの振り付けを覚えておきましょう。ここでは、特に人気のある「東京音頭」と「炭坑節」をご紹介します。

東京音頭

東京音頭は盆踊りでは欠かせない定番の曲です。軽快なリズムと親しみやすいメロディーで、多くの人が一緒に踊りやすい踊りです。手を上げて回す動作や、足を軽く踏み鳴らす動きが特徴的です。初めて参加する方も、予習しておくと当日がもっと楽しくなりますよ。

炭坑節

炭坑節も盆踊りの定番曲の一つです。昔の炭坑労働者の動きを取り入れたユニークな振り付けが特徴で、見ているだけでも楽しいですが、実際に踊ってみるとその楽しさが倍増します。手を前に突き出す動きや、腰を落とす動作がリズミカルで、覚えやすい振り付けです。

動画で予習しよう

盆踊りの振り付けは、文章だけでなく動画で見るとよりわかりやすいです。YouTubeなどの動画サイトで「東京音頭 振り付け」や「炭坑節 踊り方」と検索すると、たくさんの動画が出てきます。実際の踊りを見ながら練習すると、当日自信を持って参加できますよ。

盆踊りの楽しみ方と準備

盆踊りに参加するための準備や楽しみ方についても少し触れておきましょう。盆踊りを最大限に楽しむためには、事前の準備が大切です。

うちわや手ぬぐい

盆踊りでは、うちわや手ぬぐいを持参するのが一般的です。うちわは暑い夏の夜に重宝しますし、手ぬぐいは踊りのアクセントとして使われることもあります。地元の祭りのロゴが入ったものを持参すると、一層祭り気分が盛り上がります。

盆踊り会場でのマナー

盆踊りの会場では、多くの人が集まります。周囲の人に気を配り、譲り合いの気持ちを持って楽しむことが大切です。特に小さなお子さんを連れている場合、周りの人の迷惑にならないように注意しましょう。

子どもと一緒に楽しむポイント

子どもと一緒に盆踊りを楽しむには、いくつかのポイントがあります。まずは、子どもたちに盆踊りの意味や由来を簡単に説明してあげると良いでしょう。楽しみながら学ぶことで、興味が深まります。

また、踊りの振り付けを一緒に練習するのも楽しい時間になります。家族みんなで練習すると、当日一緒に踊る楽しさが倍増しますよ。夜店での買い物やゲームも、子どもたちにとって楽しい思い出になりますので、一緒に計画しておくと良いでしょう。

まとめ

盆踊りは夏の楽しいイベントですが、その背後には深い歴史と意味があります。家族で一緒に参加することで、楽しい思い出を作りながら日本の伝統文化を学ぶ良い機会になります。今年の夏は、東京音頭や炭坑節をしっかり予習して、家族みんなで一緒に盆踊りを楽しみましょう。

私も子どもたちと一緒に踊るのが待ち遠しいです。

タイトルとURLをコピーしました